このページをとじる

政府関係者が第三国定住難民第1陣を激励しました

 2011年11月28日、内閣官房をはじめ第三国定住事業に関わる外務省、法務省、文部科学省関係省庁の担当者が、鈴鹿市役所、雇用事業所、小学校、保育園等を訪問し、今年3月に三重県鈴鹿市に移転した第三国定住難民3家族の受け入れ状況について関係機関等から聞き取り調査を行いました。この際に、政府の調査団一行は、難民3家族とも面会し、日頃の生活状況について話を聞くとともに、今後も、引き続き、相談を受けるなどの支援を継続する旨を説明し、家族を励ましました。


このページをとじる