このページをとじる

神戸国際交流フェア2015に出展しました

 関西支部は、2015年3月15日(日)に神戸ハーバーランド・スペースシアターにて開催された「神戸国際交流フェア2015」に活動紹介ブースを出展しました。

 このイベントは、阪神・淡路大震災からの復興を祈念して1997年より毎年3月に開催されており、今年で19回目となりました。2015年のテーマは「笑顔の輪を広げよう!神戸から」。神戸市を中心に活動している国際協力・交流団体による活動紹介、世界各国の料理や民芸品の販売、民族舞踏などのステージパフォーマンス、民族衣装の着用体験コーナーやお楽しみ抽選会などが行われ、家族連れなど多くの来場者がありました。

 クイズラリーも行われ、難民事業本部からは「日本で暮らしている難民はおよそ何人でしょう?」という問題を出題し、約260名の方々にご回答いただきました。その他、日本にいるインドシナ難民と条約難民についての紹介、難民事業本部案内や世界難民地図などの資料配布を行いました。

 このイベントを通して、日本にも難民がいるということを、たくさんの方に知っていただくことができました。今後も、難民についての理解がより一層深まるよう、広報活動を行ってまいります。


このページをとじる