このページをとじる

【関西支部】「帰化・職業相談会」を開催しました。

 帰化と職業に関する相談会を2月28日(日)10時からカトリック仁豊野教会(姫路市仁豊野)にて開催しました。インドシナ難民定住者とその家族の自立と日本での生活の安定が目的です。

 帰化相談では最初の30分に一般的な帰化許可申請の流れ及びインドシナ難民特有の申請時における留意点を全体に説明し、その後、個別相談の時間を設けました。個別相談では、事前予約を含め15名の相談依頼がありましたが、待ち時間が長くなったこともあり、最終的に9組11人の相談者からの帰化許可申請に係る相談に対応しました。その後も相談会に来られなかった方からの相談が続いています。相談者の中には、以前に申請を希望し管轄法務局に相談に行ったものの、大使館や領事館に行って書類を揃えるように指導され、あきらめたというケースが複数ありました。また、帰化の条件となる日本語能力の基準が不明瞭なため、申請を行うことに大きな壁を感じている方もおられました。家族の一部が帰化を希望しているケース、退職を目前に帰化を希望するケース等、一口に「帰化」と言っても入国の経緯、その後の生活状況等により申請を希望する事情や動機は個々に異なっていました。第2の故郷とも言える日本での生活への想いと、実質上の無国籍で旅券を持つことのできない子どもたちの将来を考えた結果、日本国籍の取得を希望されているということは、相談者の皆さんに共通していました。

 職業相談では、当日には残念ながら対象者にお会いすることはできませんでしたが、後日、相談会に参加できなかった方へ難民事業本部のことを紹介して頂き、1名から求職相談がありました。また、当日は普段難民の皆さんが考えていることや悩み、家族の話、安定した職に就くことができたきっかけ、日本の学校や職場で苦労した話を伺うことができました。今回の相談会では、潜在的求職者の存在を改めて確認できましたが、具体的な支援を提供することの難しさも同時に感じました。今後も、関連機関やコミュニティの力をお借りしながら、支援を続けていきたいと考えています。

 開催にあたり、同教会の神父様をはじめ、姫路市役所、ハローワーク姫路、姫路市文化国際交流財団、コミュニティリーダーの方々にご協力頂きました。ありがとうございました。今後も継続的に出張相談会を開催し、インドシナ難民定住者の皆さんが抱える日本での生活における問題の解決を支援していきたいと考えています。

このページをとじる