このページをとじる

ひょうご・こうべワールド・ミーツ for YOUTHに出展しました(2017.2.11)

 2017年2月11日(土)、「ひょうご・こうべワールド・ミーツ for YOUTH」が神戸国際展示場にて開催されました。

 このイベントは昨年9月に開催されたG7神戸保健大臣会合を機に、次代を担う国際感覚を持った青少年の育成を促進するため、兵庫県内外の高校生と国際的な取組みを行う団体・企業との交流を目的に開催されました。基調講演、パネルディスカッション、国際的な取り組みを行う団体等との交流の場としてのブース出展・ミニ講演、兵庫県内の高校生によるポスターセッション等が実施され、大いに盛り上がりました。

 難民事業本部は、活動紹介ブースを出展しました。ブースでは、日本が受け入れた難民(インドシナ難民・条約難民・第三国定住難民)についての説明、難民事業本部の活動を紹介したパンフレットや世界難民地図の配布、難民に関するクイズの出題を行い、高校生及び教員の方の約50名に日本に定住する難民や難民事業本部の活動について知って頂きました。
 日々のニュース等で難民問題に興味を持った高校生から、日本の受け入れ数に関しての質問や支援方法に関して意見を求められることがありました。また、難民事業本部の行う難民理解講座に教員の方々から関心が寄せられました。

 今後ともより多くの若い方に対して、難民問題を他人事ではなく身近な問題として考え、この問題に取り組んでもらえるよう、広報イベントを通して伝えてまいります。


 
このページをとじる