このページをとじる

難民理解講座を川崎市国際交流協会で行いました(2017.10.24)

 10月24日(火)川崎市国際交流センター(神奈川県川崎市)にて、「日本における難民受入れとRHQの支援事業」と題して、難民理解講座を行いました。(公財)川崎市国際交流協会の職員と通訳ボランティアの11名を対象に、伊藤寛了企画第一係長が講師を務めました。

 約90分間の講義では、まず日本の難民受入れの歴史的な経緯や、RHQの支援事業についてご説明し、実際にRHQに寄せられる難民からの相談やその対応について、いくつかのケースを取り上げながら具体的に説明しました。川崎市国際交流協会では、外国人相談事業をスペイン語やタガログ語など6言語で実施し、川崎市の外国人市民等の支援を行っていることから、本講座に熱心に耳を傾けて頂きました。
 続く質疑応答では、聴講者の皆さんから「難民は日本でどんな仕事に就いているのか」、「外国人コミュニティとはどういった連携を取っているのか」等の質問を頂戴しました。

 聴講後のアンケートでは、「不安な気持ちの難民の人たちに接する心構えが分かりました。寄り添う心や良い聞き役になることが大切ですね。」、「難民でも、同じ外国人として抱える問題は同じだと感じました。」といった感想を頂きました。

 難民事業本部(RHQ)は、難民問題や、日本での難民受入れと日本定住など、難民に関する様々なテーマで「難民理解講座」を行っております。授業や講演などをご希望される学校や団体は、HP「お問い合わせ」より、ぜひご連絡ください。


このページをとじる