難民事業本部
HOME情報の広場難民について知りたい!>第三国定住難民とは
ミャンマー語/Burmese 英語/English
第三国定住難民とは ホームへもどる

 第三国定住とは、難民キャンプ等で一時的な庇護を受けた難民を、当初庇護を求めた国から新たに受入れに合意した第三国へ移動させることです。難民は移動先の第三国において、庇護あるいはその他の長期的な滞在許可を与えられることになります。
 UNHCRは、1. 難民の本国への自発的な帰還、2. 難民を受け入れた庇護国への定住、3. 第三国への定住、を難民問題の解決策としています。第三国定住による難民の受入れは、難民問題に関する負担を国際社会において適正に分担するという観点からも重視されています。
 日本においては、2008年12月、閣議了解により第三国定住による難民の受入れが決定されました。2010年に開始された第三国定住難民受入れは、現在、タイの難民キャンプ(メーラ、ウンピアム、ヌポ、メラマルアン、メラウウ)に滞在するミャンマー難民を毎年30人(家族単位)、5年間にわたって受け入れるパイロットケースとして実施されています。また、2014年1月、閣議了解により、パイロットケース終了後も第三国定住事業の継続的な実施が決定され、2015年度以降、マレーシア国内のミャンマー難民の受入れと、これまで第三国定住によりタイのキャンプから受け入れた難民の親族の呼び寄せを実施していくことが決定されています。

 

●第三国定住ミャンマー難民受入数  (2016.3.31現在、単位:人)

第1陣

2010年

5家族27名

   

第5陣

2014年

5家族23名

第2陣

2011年

4家族18名

   

第6陣

2015年

6家族19名

第3陣

2012年

辞退

   

第7陣

2016年

7家族18名

第4陣

2013年

4家族18名

   


日本の第三国定住難民の様子

第26期生(第三国定住難民第7陣)の様子  第22期生(第三国定住難民第6陣)の様子  第20期生(第三国定住難民第5陣)の様子
第16期生(第三国定住難民第4陣)の様子  第12期生(第三国定住難民第2陣)の様子  第10期生(第三国定住難民第1陣)の様子
  ホームへもどる