このページをとじる

難民について知りたい!
─RHQ支援センターで学ぶ難民─

 

RHQ支援センター第19期生(条約難民後期半年コース)・
第20期生(第三国定住難民コース)
の合同開講式を開催しました

 

 2014年10月8日(水) 、RHQ支援センターにて、第19期生(条約難民後期半年コース)6名と第20期生(第三国定住難民コース)23名の合同開講式を開催しました。

 開講式には、法務省、外務省、厚生労働省、文化庁、地元自治体、地元警察署をはじめ、国際機関のUNHCR駐日事務所、IOM駐日事務所からご列席いただき、温かい祝辞を頂戴しました。
 条約難民の入所者は、出身国もさまざまですが、開講式当日に初めて顔を合わせたのにもかかわらず、帰る頃にはクラスはもう一つになっている雰囲気でした。

 第三国定住難民コースの入所者は、タイの難民キャンプより先月26日(金)に入国しました。
 開講式前10日間のオリエンテーション期間中に、行政手続きや健康診断を行い、交通指導、買い物指導を受け、家電の使い方や、ゴミの分別方法などを学び、日本での生活にも慣れました。

 条約難民、第三国定住難民の両コースとも572時限の日本語教育と120時限の生活ガイダンス(日本の社会制度や法律など)の学習がスタートします。

 入所者全員が、一人も欠けることなくコースを修了し、日本で安定した生活を送れるよう職員一同サポートしていきます。


このページをとじる