このページをとじる

難民について知りたい!
─RHQ支援センターで学ぶ難民─

 

平成28年度第三国定住難民に対する
日本語教育支援推進懇談会を開催しました

 

 2016年5月17日(火)、第三国定住難民に対する日本語教育支援関係団体と文化庁国語課、RHQ支援センター日本語講師等関係者計18名の出席を得て、懇談会を開催しました。
 平成27年度に実施した、第三国定住難民に対する日本語教育事業実施状況の報告及び、平成28年度の事業計画について報告を行いました。また、平成28年度から新たに運用を開始する通信教材についても、開発事業者による説明と参加者との質疑応答がありました。
 続いて、現在日本語教育支援の現場において抱えている課題や今後考えられる支援の在り方についても、事前アンケートで出された意見を中心に、意見交換を行いました。大人の日本語教育支援については,日本語学習への動機づけ,日本語指導法,地域参加・社会参加について,課題や解決のヒントとなる意見をいただきました。子どもの日本語教育支援については,教科学習のための日本語力,継続的な日本語学習,進路・キャリア,日本語習得過程などの点で支援の現場で抱える課題や改善のための意見をいただきました。出席者の方々の活発な議論により、今後の支援の在り方の参考となる意見交換となりました。
 定住後のより良い日本語教育支援に向けて、今後も関係機関との意見・情報交換を行いながら、プログラムの改善等に努めていきたいと思います。


このページをとじる