このページをとじる

難民について知りたい!
─RHQ支援センターで学ぶ難民─

 

条約難民夜間通年コース(第30期生)地域参加活動(2019.1.31)

 

 2019年1月31日、条約難民夜間通年コース(第30期生)2名は、しんじゅく多文化共生プラザを訪問し、外国人住民が地域の様々な活動に参加する様子を見学しました。

 ここでは、首都圏に住む多くの外国人が、国籍や民族等の異なる者同士が互いの文化的違いを認め、理解しあい、共に生きていくためのまちづくりの一環として、生活に必要な情報を多言語で提供したり、相談に応じたりしています。
 第30期生2名は、昼間仕事をして夜間日本語を勉強しているクラスを見学しました。7グループほどに分かれ、様々な国籍、性別、年齢の人たちが熱心に勉強している様子を見て、「自分たちもRHQでの勉強ももっと頑張らなければ負けてしまう。」「他の教室を見ることで、やる気がでた。」「自分のほうが日本語は上手だと思った。」など刺激を受けたようでした。


このページをとじる