このページをとじる

難民について知りたい!
─RHQ支援センターで学ぶ難民─

 

第12期生(第三国定住難民第2陣)がお台場海浜公園を散策

 

 2012年1月15日(日)、第12期生(第三国定住難民第2陣)4家族は、休日を利用して、お台場海浜公園へ散策に出掛けました。

 この散策では、ほとんどの人が海を見るのが初めてで、広大な海を見て歓声をあげて感激していました。冬の午後のやわらかな日差しの中、浜辺で遊んだり、観覧車に乗ったりして過ごしました。

 入所者たちは、外出の際、切符の購入や電車の乗降が当初に比べスムーズになり、乗り物や人混みも慣れ車酔いをあまりしなくなってきました。また、こうした娯楽にかけるお金の支出を自分でバランスよく考えながら管理することも身に付いてきたようです。

 入所者たちは口々に、今日の散策のような自分たちの日本での暮らし振りを、タイ・メーラ難民キャンプに残る親類たちに見せて安心させたい、もっと多くのキャンプの人たちに知ってもらい日本に応募してもらいたい、と話していました。


このページをとじる