このページをとじる

第12期生(第三国定住難民第2陣)新居への移転

 

 2012年3月18日、RHQ支援センターでの所定の定住支援プログラムを修了し、それぞれ就業先が決まった第2陣の第三国定住難民4家族が、これから生活を始める住居に引っ越し、新しい生活を立ち上げる準備を始めました。(写真左:生活用品を整える)

 難民事業本部は、新しい環境で円滑に生活をスタートできるよう、引っ越し、生活用品の購入、外国人登録をはじめとする諸手続を支援したほか、子どもの小学校、保育所の入学・入所の同行や、大人に対して電車通勤の指導を行いました。

 また、地元自治体等と連携し、地元住民から任命した地域定住支援員を配置し、難民家族の生活面でのサポート体制を作りました。(写真右:地域定住支援員との懇談)


 
このページをとじる