このページをとじる

第12期生(第三国定住難民第2陣)地元住民と海水浴へ
出掛けました

 

 2012年8月12日、第三国定住難民第2陣の4家族が地域定住支援員など地元住民のご厚意により、茨城県日立市に海水浴へ出掛けました。
 4家族にとっては初めての海水浴だったため、入念に注意事項を説明された後、親が子どもの手を引きながら海へ入りました。海水のしょっぱさを知ったり、波打ち際で砂遊びをしたり、遠浅の浜辺を走り回ったり、スイカ割りも経験することが出来ました。
 日常生活から離れた場面において、公共の場(サービスエリアでのトイレや海水浴場のシャワー)を利用する際のマナー、時間を守ることを通して集団行動のルール等を実践的に身に付けられる機会になりました。


 
このページをとじる