このページをとじる

難民について知りたい!
─RHQ支援センターで学ぶ難民─

 

RHQ支援センター第14期生(後期半年コース)の
日本語学習発表会と修了式を行いました。(2013.3.22)

 

平成25年3月21日(木)に、前年10月に入所した14期生(後期半年昼間コース)の日本語学習発表会を行いました。 14期生の入所者は5名ですが、うち1名は乳児です。入所式の頃はまだハイハイもままならない0歳児でしたが、この頃になると顔つきも男の子らしくなり、自力でよちよちと歩けるまでに成長しました。

入所者の日本語能力も、子供の成長に負けず劣らずの上達ぶりです。母国のお祭りをコンピュータを使って分かりやすく伝えたスピーチや、少数民族としての立場を訴えたスピーチ、日本のことわざを随所にちりばめた技ありのスピーチや、日本の良さについて上手にまとめたスピーチなど、どれも正確な日本語できちんと発表されました。

翌22日(金)には修了式を行いました。
14期生の5名は、半年を通じてほとんど欠席者が居なかった事が特徴的です。乳児は病気になることなく母親とともに皆勤賞を獲得しました。他にも皆勤賞が1名、1日だけ休んだ精勤賞が1名いました。

半年コースという短い期間ではありますが、その間集中して日本語授業に専念し、すばらしい成果を挙げた彼らの熱心な学習姿勢が印象的でした。


 
このページをとじる