このページをとじる

第12期生(第三国定住難民第2陣)地域住民と餅つき大会に参加しました

 2012年12月9日(日)、第12期生(第三国定住難民第2陣)の4家族はボーイスカウト第2師団及びカレン定住支援の会共催の餅つき大会に参加しました。
 大人たちは昨年の経験を活かし、「よっこいしょ!」の掛け声とともに餅をつき、子どもたちは餅を小さく丸めて団子にする作業を手伝い、雑煮、あんこ餅、からみ餅、きな粉餅にして美味しく頂きました。
 カレンでは餅に白胡麻や黒胡麻をまぶして食べる習慣があるため、食文化の違いを楽しみながら、地域住民との交流を深めることが出来ました。4家族は手作りの鏡餅とともに新しい年を迎えることになります。


このページをとじる